老朽化を改善します

クレーン

マンション大規模修繕を行っている業者は多く、定期的に依頼することによって建物の安全性を向上することが可能です。新築の頃は万全でも時間の経過によっていろいろな箇所が老朽化しているものです。災害によって倒壊する可能性が高くなるので、マンション大規模修繕を行うことにより建物が持っている老朽化などのさまざまな問題を改善することができます。居住者側のメリットとして災害に備えて対処することができたり、安心して住んだりすることができるでしょう。居住性や利便性などを向上することができ、十数年長い間住み続けることで古い設備になっていきます。大規模修繕工事を行うことによって、老朽化や破損はもちろん建物の居住性や利便性などを同時に改善することが可能です。バリアフリーやセキュリティー工事などを行ったり、今よりも住みやすい環境にアレンジしたりすることができます。

資産価値を維持する

男性

マンション大規模修繕にはいろいろなメリットがあり、資産価値を維持したり向上させたりすることができます。老朽化した建物についてその資産価値は時間が経つにつれ低下していくので、もし老朽化や破損が原因で事故などが起きた場合、その価値がかなり下がるケースもあるでしょう。しかし大規模修繕を行うことから老朽化などによる価値の低下を回避することができ、同時に業者にバリアフリー工事を依頼することで居住性や利便性を高め資産価値もアップすることが可能です。

目安があります

ショベルカー

マンション大規模修繕工事のタイミングに関して、築何年後ときちんと決められているわけではなく、目安として12年周期と言われています。この12という数字はタイル張りの竣工や改修などから10年以上経過した場合、3年以内の全面打診調査が必要であると「建築基準法」で決められていることから関係しています。この全面打診調査を行う場合足場が必要になるので、同じ足場を必要にする大規模修繕工事も業者に依頼するとコストを安く抑えることができるからです。

計画を見直そう

男女

マンション大規模修繕工事はマンション毎に長期修繕計画が作成されていて、次の修繕工事のタイミングや修繕費用積立てについてルール化されています。管理会社の意見はもちろん、管理組合も長期修繕計画におけるタイミングを見直す必要があります。マンションの築年数を重ねるほど修繕しなければいけない箇所は増えていき、結果的に完全に同じ周期で大規模修繕を実施するのが、最も良いタイミングではないケースになるでしょう。数年に1度業者に建物診断などを依頼したり、必要に応じて修繕計画を見直したりすると効率良く計画することが可能です。定期的に計画を見直しながら、マンションの寿命や安全性・価値を維持することが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中