HOME>アーカイブ>使用される薬剤の種類と強みを把握しましょう

生活に合わせることが大切

床

フロアコーティングに使用される薬剤にはいくつかの種類があり、それぞれに得意と不得意があります。ただ弱点の部分は生活環境によっては気にしなくて済む状況にしやすいため、実際の使用状況と照らし合わせることが大切です。またフロアコーティングは一度施したらいつまでも持続するのではなく、一定のサイクルで施工し直す必要があります。耐用年数は薬剤によって異なるので、頻繁に工事の手を加えないようにするためには長期維持が可能なタイプを選ぶと良いです。多少の差はありますが費用の万の位と耐用年がほぼ同じ数字になる傾向があり、高額になるにつれて工事をする間隔は広くなります。さらに満足のいく仕上がりを求めるのであれば、薬剤だけではなく施工をする技術者の腕にも注目しなければなりません。決して安い工事ではないため、費用を無駄にしないためにもしっかりと下調べをしてから依頼先を選択しましょう。

異なる強みを活かしましょう

部屋

フロアコーティングに使用される薬剤の中で最も安価なのはアクリル素材で、5年以内のサイクルを繰り返す必要があります。その代わりに数万円の費用で済みますが、耐久性を考えると他のタイプより劣ります。安さと強さのバランスが取れていると言えるのはウレタンで、洗剤を使用するような洗い方をせずに丁寧に扱うと5年以上持ちます。高額なタイプにはガラスコーティングや紫外線を使用して硬化させるものが挙げられ、いずれも高い耐久性能を誇ります。数十年単位での維持も可能になりますが、その期間に見合うだけの金額になります。しかし正しく施工されると、金額に見合うだけの仕上がりが期待できるでしょう。基本はどちらも美しい光沢を生み出しますが、ガラスコーティングはマットな見た目も選べます。

広告募集中